狭山丘陵周辺ぶらり

我が家の庭

我が家の庭には、「バラ」が咲いています、夏はさすがに勢いがなく、花も少ないですが、家族は毎日、次に備え手入れをしています。

リンク

我が家の庭2

蝶が日向ぼっこしながら、昼寝をしていました

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

プロフィール

さやまのサヤちゃん

Author:さやまのサヤちゃん
狭山丘陵とその周辺・関連地域を歩き何か情報を入手し、お知らせをして自然保護に繋がればいいな・・と
思っています。

最新記事

Lc.ツリーカテゴリー

最新コメント

こびとさんの時計

カテゴリ

多摩森林科学園の桜

2017/04/17(月) 21:40:22

     先日(4/16) 多摩森林科学園(高尾)に行ってみた。
     流石に、東大和と気温が違うのか桜が満開状態だった。
     農水省の森林研究所、各種の桜の育成が行われていた。


      DSCN8542_2273-1.jpg

              (写真はクリックで拡大します)

       多くの人が来ていた、やっぱり年配者が多い。

       パノラマ 1-多摩森林。科学園-1

        遠くに八王子のビル群が見えた。

       -多摩森林科学-2-1

      この園に珍しい野草があった、 ミミガタテンナンショウ だ。
  
      ミミガタテンナンショウ

      ミミ のような苞があり、昆虫などが中に入り受粉するという。
      サトイモ科 と言う。 珍しい野草だ。 
 
地域情報 奈良京都その他TB:0CM:0

風が吹いても、雨が降っても・・

2017/04/13(木) 13:46:42

     このところ雨が降り、時折強い風が吹く・・春の嵐だ。
      それでも桜の花は、頑張って付いているものもある。
      先日、都立狭山公園に行ってみた。

      
      狭山公園・桜-2-1

             (写真をクリックしてください)

      狭山公園・桜-1-1

     
      朝の光を受け、輝いていた。
      
      中提にも行ってみた、ここも桜は輝いていた。


      中提と桜-1

      多摩湖全体も春霞に包まれていた。

      多摩湖と桜-1

                  (写真はクリックで拡大します)
狭山丘陵 風景TB:0CM:2

意気軒高(へー・・?) ほんと・・

2017/04/13(木) 00:12:11

   先日、長野県安曇野市に行ってきた。
    旧友の、中学同級会に出席のためである。
    北アルプスの一部、信濃富士 はきれいに輝いていた。

    有明富士-1

     私達は毎日、この風景を当たり前に見ながら、通学した。

     アルプス-1-1

     写真左側の、雪が降っている部分には、後立山連邦の、唐松、白馬岳
     などが見える。

     泊まった 「穂高荘」 (安曇野市・有明) の、窓からの写真。

     DSCN8315_2046のコピー

     メンバーの写真、ぼかしてあります。写真上は若く ・・? 見えるが。
     相応の顔つきでした。


地域情報 奈良京都その他TB:0CM:0

一段と春らしく・・

2017/03/25(土) 22:08:56

    空気が一段とぬるくなってきた先日
    中提に行ってみた。

    パノラマ 1-1

    春が進んでいることを実感した。水がぬるんでいる
    感じだ。

    中提パノ-1

     下湖、上湖もきれいだ。
     さらに近くまで行ってみた、瑠璃いろに光る  が
     樹々の間から見えていた。

     DSCN8404_2135-1.jpg

             (クリックで写真は拡大します)
狭山丘陵 風景TB:0CM:1

老若男女激走!

2017/03/20(月) 10:43:58

     第27回多摩湖駅伝大会が行われた(3/20)。
   晴天に恵まれ、老いも若きも激走・・。

   DSCN8364_2095-1.jpg

   DSCN8363_2094-1.jpg

   木陰で花見の雰囲気もあり、穏やかで平和のしるし。
   中学生、高校生も多い。

   DSCN8366_2097-1.jpg

   結構な一日でした。

   DSCN8372_2103-1.jpg
地域情報 東大和TB:0CM:0
ホーム全記事一覧次のページ >>
Copyright(C) 2006 狭山丘陵周辺ぶらり All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.