タイトル画像

春一番の里山

2016.02.15(18:19) 265

     関東地方に 春一番 が吹いた先日(14日)、狭山丘陵内、野山北・
    六道山公園に行ってみた、さすがに 「光」 が輝き広い青空が見えた。

    パノラマ 3-1

    里山の縁の 梅の樹 は早々と咲き誇っていた、センター員は一月末
    には咲き始めたと説明していた。
    こども、家族達が散策していた。

    DSCN4991.jpg

    里山の「田んぼ」は、まだ「あらおこし」もされず、静かだったが、畦の
    「ぎしぎし」 は緑色で、「葉」 の裏側には ベニシジミ の   
    幼虫 が、「ぎしぎし」を食べていた。

    DSCN4983-1.jpg
              (写真上 : ぎしぎし)

    ベニシジミ

    しじみ蝶
                 (ベニシジミの成虫)

     ベニシジミの幼虫は、葉の裏側にいた、冬でも懸命に生きていた。
     
     田んぼ から少し離れたところに、枯れた竹があった、その 竹 に
     ジャコウアゲハ が、卵を産み付けてあった。
     卵は幼虫となっていた。

     DSCN4942のコピー

     近くには、いくつもの幼虫があったが、半分以上は黒くなっていた、小蜂が
     幼虫に卵を産み付けると言う、ジャコウアゲハと蜂との生存関係だ。

     ジャコウアゲハ
                   (写真はジャコウアゲハ)


                   (写真は、クリックで拡大します)

     

 

    
   

   

狭山丘陵周辺ぶらり


<<春のきざし・・・ | ホームへ | 今冬一の寒さ・・・>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sayama818.blog.fc2.com/tb.php/265-3a01dbf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)