タイトル画像

リンドウの群生

2017.05.08(17:59) 305

   夏日になった先日、中提に行ってみた。

   中提-菜の花-1

      
    -1.jpg


       中提の脇から入ってみた。
       ハマリンドウ が群生していた。
  
     ハマリンドウ

       ハマリンドウ-1

       ハマリンドウ-2

        ハマリンドウ-3

        ハマリンドウ-4

        リンドウの群生は見事だ。大事にしたいものだ。
        10日後に行ってみたが、花は散っていた。






  狭山のサヤです、よろしくお願いいたします。

狭山丘陵周辺ぶらり


タイトル画像

寒冷化の対応なのか

2017.02.28(17:50) 298

   先日、狭山公園に行ってみた、小さな春を求めって・・。  
    ホトケノザ  が足元に咲いていた、野草と言うよりも、雑草だ。
    むしろ厄介者だ。  
 

     名称未設定 1

     ホトケノザ には開く花と開かない花が同じ茎にある閉鎖花 は
     寒冷対応のようだ、虫が飛ばなくても自分で受粉する。
     地球の寒冷期の生き残りか? 
 

     近くの低木に オオカマキリ の卵があった、野鳥などに食べられずに。

     オオカマキリ-たまご

      マンサク  もやっと咲いていた。

       mannsaku.jpg


  狭山のサヤです、よろしくお願いいたします。

狭山丘陵周辺ぶらり


タイトル画像

狭山丘陵の野草・いまは・・・

2016.11.03(17:02) 287

    先日、狭山丘陵・市立緑地公園に行ってみた。
     この時期とて、草木の多くは枯れ、野草は少なかったが、それ
     も方々に野草が残っていた。

   ハギの木-1

     郷土館の前の庭・池には
     秋の様相が漂っていた。

     写真の真ん中は、ハギ 
     きれいに咲いていた。





    


    

    そこから少し離れたところに ガマズミ  があった。

 ガマズミ-1

   

    カマズミ は緑の樹木の
    中に鮮やかな 赤色 で
    輝いていて、ひときは目立って
    いた。

    小鳥が啄み、実を落とし
    広がっていく。


                                    ヨウシュヤマゴボウ-1


       
      ガマズミ から少し離れた所に
       ヨウシュヤマゴボウ  があった。
      ブドウ状であるが、 毒 で、
      食べられない。


       動物も食べないらしい。
⇒狭山丘陵の野草・いまは・・・の続きを読む

  狭山のサヤです、よろしくお願いいたします。

狭山丘陵周辺ぶらり


タイトル画像

今年は少ないのか・・・

2016.05.27(08:53) 271

     先日、丘陵の公園や緑地を歩いてみた。
    例年だと咲いているキンラン、ギンラン が咲いていない。
    管理センターの人に聞いたところ 、「盗掘」 かも・・と言っていた。

     キンラン2

     キンラン

     上記写真は、たっちゃん池付近でやっと撮ったもの。
     盗掘する不心得者がいるらしい。

      DSCN5515.jpg

      DSCN5523.jpg

      アマナ(赤の花)、スミレ も咲いていた。

      水が入った  たっちゃん池 では、早速、画家が 絵 を描いていた。

      DSCN5533.jpg

      多摩湖もいよいよ春真っ盛りと言う感じだ。

      中提・菜の花1

      (写真はクリックで拡大します)
⇒今年は少ないのか・・・の続きを読む

  狭山のサヤです、よろしくお願いいたします。

狭山丘陵周辺ぶらり


タイトル画像

春一番の里山

2016.02.15(18:19) 265

     関東地方に 春一番 が吹いた先日(14日)、狭山丘陵内、野山北・
    六道山公園に行ってみた、さすがに 「光」 が輝き広い青空が見えた。

    パノラマ 3-1

    里山の縁の 梅の樹 は早々と咲き誇っていた、センター員は一月末
    には咲き始めたと説明していた。
    こども、家族達が散策していた。

    DSCN4991.jpg

    里山の「田んぼ」は、まだ「あらおこし」もされず、静かだったが、畦の
    「ぎしぎし」 は緑色で、「葉」 の裏側には ベニシジミ の   
    幼虫 が、「ぎしぎし」を食べていた。

    DSCN4983-1.jpg
              (写真上 : ぎしぎし)

    ベニシジミ

    しじみ蝶
                 (ベニシジミの成虫)

     ベニシジミの幼虫は、葉の裏側にいた、冬でも懸命に生きていた。
     
     田んぼ から少し離れたところに、枯れた竹があった、その 竹 に
     ジャコウアゲハ が、卵を産み付けてあった。
     卵は幼虫となっていた。

     DSCN4942のコピー

     近くには、いくつもの幼虫があったが、半分以上は黒くなっていた、小蜂が
     幼虫に卵を産み付けると言う、ジャコウアゲハと蜂との生存関係だ。

     ジャコウアゲハ
                   (写真はジャコウアゲハ)


                   (写真は、クリックで拡大します)

     

 

    
⇒春一番の里山の続きを読む

  狭山のサヤです、よろしくお願いいたします。

狭山丘陵周辺ぶらり


狭山丘陵 野草 冬春
  1. リンドウの群生(05/08)
  2. 寒冷化の対応なのか(02/28)
  3. 狭山丘陵の野草・いまは・・・(11/03)
  4. 今年は少ないのか・・・(05/27)
  5. 春一番の里山(02/15)
次のページ
次のページ