タイトル画像

古(いにしえ)を訪ねて・・・

2017.06.23(21:36) 307

    先日、以前に読んだ、最後の忠臣蔵 の面々が眠る 泉岳寺 を
     訪ねてみた。  (写真下:山門)

     DSCN8851_2582-1.jpg

      梅雨の晴れ間の、暑い日だったが、思いのほか、多くの人が来ていた。
      御多分に漏れずここも、外国人が多く来ていた。

      DSCN8852_2583-2.jpg

       山門の説明によると、由緒ある物のようだ。

       DSCN8930_2661-1.jpg

       物語の中心と思われる 寺坂吉右衛門  の墓には
       多くの線香が手向けられていた。

        DSCN8856_2587-1.jpg   DSCN8855_2586-1.jpg

        吉右衛門は 瀬尾孫左衛門  との間で、どんな思いのやり取りが
        あったのだろうか・・・、  逃亡 と言う汚名を感じながら・・。

         内蔵助は、密命を吉右衛門に命じた後、最後の言葉をかけた。

        「寺坂吉右衛門、そちの盟約は解かぬ。
       そちは何年何十年生きのびようと、
       四十七名の一人である」


        吉右衛門は生き延びたが、泉岳寺に墓がある。
        池宮彰一郎 の力作を感じる。 




スポンサーサイト




  狭山のサヤです、よろしくお願いいたします。

狭山丘陵周辺ぶらり


タイトル画像

多摩森林科学園の桜

2017.04.17(21:40) 303

     先日(4/16) 多摩森林科学園(高尾)に行ってみた。
     流石に、東大和と気温が違うのか桜が満開状態だった。
     農水省の森林研究所、各種の桜の育成が行われていた。


      DSCN8542_2273-1.jpg

              (写真はクリックで拡大します)

       多くの人が来ていた、やっぱり年配者が多い。

       パノラマ 1-多摩森林。科学園-1

        遠くに八王子のビル群が見えた。

       -多摩森林科学-2-1

      この園に珍しい野草があった、 ミミガタテンナンショウ だ。
  
      ミミガタテンナンショウ

      ミミ のような苞があり、昆虫などが中に入り受粉するという。
      サトイモ科 と言う。 珍しい野草だ。 
 

           

  狭山のサヤです、よろしくお願いいたします。

狭山丘陵周辺ぶらり


タイトル画像

意気軒高(へー・・?) ほんと・・

2017.04.13(00:12) 301

   先日、長野県安曇野市に行ってきた。
    旧友の、中学同級会に出席のためである。
    北アルプスの一部、信濃富士 はきれいに輝いていた。

    有明富士-1

     私達は毎日、この風景を当たり前に見ながら、通学した。

     アルプス-1-1

     写真左側の、雪が降っている部分には、後立山連邦の、唐松、白馬岳
     などが見える。

     泊まった 「穂高荘」 (安曇野市・有明) の、窓からの写真。

     DSCN8315_2046のコピー

     メンバーの写真、ぼかしてあります。写真上は若く ・・? 見えるが。
     相応の顔つきでした。




  狭山のサヤです、よろしくお願いいたします。

狭山丘陵周辺ぶらり


タイトル画像

知事には会えなかったが・・

2016.11.13(18:00) 288

    先日、いま話題になっている  築地市場  と  都庁 
      に行ってみた。
      築地は相も変わらづ、ゴタゴタしていて、外国人が多かった。

      場外-1

      築地名物  たまご焼きの食べ歩き  をしてみた。

      場外-2

      一つ ¥100円 三軒歩いたが、大定の卵焼きが一番うまかった。
      その後、 柴又葛飾 に行った。

      帝釈天

       天気よく、帝釈天には多くの人が来ていたが、しかし どことなく
       街中は静かであった。  町おこしの、活性化の必要性を感じた。

       草団子

       高木屋 の 草団子 を土産に買ってきた、名店らしい。

       近くの  寅さん記念館   に行った。多くの人がいた。
       寅さん関係の資料が色々あった。 資料によると 葛飾柴又3-30
       の  柴又八幡神社古墳  から 埴輪が出たと言う。

       トラさん

       この埴輪は、今から1400年前の、6世紀後半、古墳時代後期に
       築かれた遺跡から出たと言う。
       埴輪の帽子も、顔も心なしか、寅さんに、似ている。

       埴輪が出た日が、寅さん命日の8月4日 であったと言う。
       何か因縁めいたものを感じる。

       その後、都庁に行った、突然行ったので知事には会えなかった。

       仕方なく、展望台から、スカイツリー などを見た。

       場外-3jpg

        ツリーが遠くの方に見えた。
        
        市場問題・オリンピック問題を思いながら眺めた街は
        ビルが夕日に輝いていた。
       
       
       


  狭山のサヤです、よろしくお願いいたします。

狭山丘陵周辺ぶらり


タイトル画像

琳派

2015.03.01(23:22) 240

     先日、MOA美術館に行ってみた。
    「尾形光琳 300年忌」 「宗達・光悦 400年忌」 の記念展をやっていた。
    琳派 って何?  どういう人達のこと・・などを知るためである。

    美術館の入り口には、手入れされた梅が咲いていた。 (写真下)

    DSCN2685.jpg

    DSCN2682.jpg
 
    記念展では国宝 「燕子花(かきつばた)図屏風と紅白梅図屏風」
    が展示されていた。
    実物を目の当たりにしてみると、心無しか迫るような感慨にひたる。
    「燕子花図屏風」 (江戸時代) が 根津美術館から持ち込まれていた。
    (写真下)

    DSCN2753-1.jpg
 
    DSCN2752-1.jpg

    宗達・光悦の作風を再発見した尾形光琳などが受け継ぐ、血縁関係のない
    彼らですが、一つの 「派」 としてみられ、明治以降、いつからとなく 「琳派」
    と呼ばれるようになったと言う。
    根津美術館にも行ってみよう思っている。

    琳派発祥の地、京都では琳派400年記念として広報している。
    機会があったら行ってみようと思っている。
      (写真はクリックで拡大します)

  狭山のサヤです、よろしくお願いいたします。

狭山丘陵周辺ぶらり


地域情報 奈良京都その他
  1. 古(いにしえ)を訪ねて・・・(06/23)
  2. 多摩森林科学園の桜(04/17)
  3. 意気軒高(へー・・?) ほんと・・(04/13)
  4. 知事には会えなかったが・・(11/13)
  5. 琳派(03/01)
次のページ
次のページ