FC2ブログ

狭山丘陵周辺ぶらり

誠に残念! 不心得者か

 都立狭山公園内・たっちゃん池(宅部池)の西に「湧水に森」と言う一帯がある。 この場所が1/27(日)の未明に火事になった。     手すりは合成樹脂状のもの、歩道は木製だが防腐材が塗ってある・・、いずれもそう 簡単には燃えないと思われる、大量の油類・可燃物でなければ、あのようにはならない・・。 近くの樹木まで類焼していて、痛々しい、貴重な動植物の生息地だけに誠に残念だ。 この付近をフィールドにして撮影し...

里山

 1/27、狭山丘陵西端の、野山北・六道山公園にいってみた、里山民家裏は宮野入り谷ッ になっていて、谷ッと農家の生活関係が偲ばれた。     谷ッの奥には沼地があり、時期が来れば水生動植物が多く出ることが予想された。 傍らにほのかな日を浴びてヤブランが息を潜めていた。(写真下右)     野鳥もいた、キクイタダキが緑の葉の植物の中で、黄色い頭を見せていた、昨年は見られ なかったが、今年はこの付近で多く見...

シーダーローズ

 都立狭山公園のパークセンター近くにヒマラヤスギが何気なく、しかし凛・・として 立ち、近くの遊具で遊んでいる子供達を見下ろしている。 あまり立派な杉でないので気がつく人は少ないが、毎年しっかりと実をつけている。     松ぼっくりはバラのようであり、落ちた間もないころはきれいに輝いていた。 地面に落ちていても気にとめる人は少ない。  ...

ウバタマムシ(姥玉虫)

 二十日の都立狭山公園は、晴れ渡っていたが、北風が吹き文字通り「大寒」であった。 そんな園内の老木にウバタマムシがいた、樹の皮を屋根代わりにし、西日に当たりじっと していた。   ウバタマムシは家具や樹木を痛める害虫だと言う、しかし絶滅が危惧されていて、この辺で 見られるのは大変に珍しいそうだ、見られて幸運だった。...

雪道

 七年ぶりに、関東地方に大雪が降ってから四日が過ぎた十八日、多摩湖周囲道・自転車道を 歩いてみた、多摩湖中堰堤に至り多摩湖と空の景色は空気が澄んでいて、きれいに輝いていた。   四日の間、気温は低かったが晴れた日が続いていたので雪は解けていると思ったが、湖の北側や 日陰にはまだ雪が残っていた、しかも全面凍っている場所が五~六百メートルもあった。     歩いている人が数人いたが、冷たい風が吹いてい...

好きになれるかなー・・?

 昨日、中央大多摩キャンパスで行われた市民講座「アシアにおける紛争リスクの回避の方途 ・日中関系をめぐって」と題しての講演を聴いた。 時宜を得た内容だけに400名以上の人が都留教授の熱弁に聞き入った、教授曰く、 「関係を壊すのは簡単、修復するのは困難・・」 「安易に妥協せず、主張すべきは、はっきりと主張する」 「中国政府も一枚岩ではない、強行・柔軟両路線」 「共産党一党独裁は、13億国民をまとめる、不...

また引越し?

 東大和市芋窪三丁目に住吉神社がある、多摩湖(村山上貯水池・完成大正13年)が作られた時 湖に沈んだ石川地区から現在の地に移転したと言う、ところが社の前の道が都市計画により 拡幅されることになり、神社もその範囲に入っていて、再度移転せざるを得ないようだ。 市の担当部局によると、移転先はまだ決まっていないとのこと、神社は風雨にさらされ 荒れ果てて居るようで、心無しか寂しそうだった、移転であり放浪ではな...

結氷

 今冬一番の寒さとなりました・・とテレビから流れた六日、都立狭山公園内のたっちゃん池 (宅部池)が凍った、流れ込む南側の一部を残しての結氷である。 カモ達も不安げに氷の上を歩いたり、水に入ったりしている。        ここ数年、このように広範囲に凍った状況は見たことがない、やはり今冬は例年になく厳しい 寒さのようだ。 蓑虫(写真下・左)もカマキリ(写真下・中)も枝の高い位地に巣や卵を構えている。...

初日の出

 明けましておめでとうございます。 東大和・市民ネットの皆様には今年もお世話になります、初日の出を拝みに多摩湖 下堰堤に出かけました、多くの人が来ていました、若い人が多いと感じました。 若い人、子供達が元気と言うことはいいですねー。      当地方としては穏やかな新年でした、笑顔の歳にしたいものです、冨士山も晴れやかな 姿を見せていました。      ...