FC2ブログ

狭山丘陵周辺ぶらり

天候の急変

先日多摩湖周遊道路を歩いた、気温21度歩いていて汗ばむ、中堰堤に至りストレッチを開始。今まで晴れていた空が急に曇り出し冷たい風が吹き始めた(写真左)、暖気に冷気が潜り込んだようだ。    暫くしてパラパラと落ちて来た、前線が頭上を通り過ぎて行く、すぐ引き上げ開始。下堰堤に着くと北風は更に強くなり湖面は波立っている(写真右)、この時期天気の変化が激しい、「・・と春の空」・んん・? 違ったかな?・・。...

チゴユリ

雨(4/20)が降った翌日(4/21)の午後、都立狭山公園に行ってみた、雨の後とあって草木は生き生きとしていた。  (写真下) 公園内に野鳥の森と言う広場がある、ササなどの下草を刈り日光が当たるようにしたのも。そのお陰で下草が生え、低い潅木が伸び、色々な野鳥が来たと言う、その一角にチゴ(稚児)ユリがひっそりと咲いていた、なんとも愛らしい花だ。     (写真左はチゴユリを上から見る、 右:真ん中にポツンと咲いてい...

一番の大木

都立狭山公園内に野鳥の森という広場がある、その一角にオオシマザクラの大木がある、パークセンターの職員によると200年くらい経っているのではないかと言う、木肌にはコケが着き、幹は大きくうねり波たっている。    胴回りは4メートルはあると思う、公園内一番の桜の大木であると言う、多摩湖が出来る前からここにあり、狭山公園の歴史の一部始終を見てきただろう。   (写真上:オオシマザクラの大木)また野鳥の森の隅に...

ウグイス

都立狭山公園、多摩湖を含む狭山丘陵は今、萌えるような新緑の真っ盛りである。木々の若葉が一斉に萌え、花が咲き鳥が歌い舞う、生物の命が輝く季節となった。多摩湖周囲道路や公園内を歩いているとウグイスの泣き声が方々から聞こえてくる。まさにウグイスが競って合唱しているような感じである。    近くで鳴いていてもなかなか姿は見えないが、昨日やっとカメラ(コンパクト)に収めることが出来た、これがコンパクトの限界で...

春うらら

昨日(4/12)の朝、相当に冷え込んだ、昨夜は茶畑の扇風機も忙しく廻ったに違いない。都立狭山公園・宅部池(たっちゃん池)の湖面には霧が流れていた。   公園内の花には霜が降っていた(写真上左)、多摩湖中堰堤に行ってみると湖面には春の気配がきっちりと見えた(写真上右)、若葉が萌え、花が咲き、鳥が歌い舞う季節になった、桜は花弁を残し葉桜になっていく(写真下)。    ...

新緑

このところ急に暑くなったり、寒くなったりと寒暖の差が激しいが、自然界は例年通り進んでいるようだ、狭山丘陵の樹木は芽吹き燃えるような新緑となっている。   写真左の橋は、にれの木橋、傍らの楡の木も葉を茂らせている。写真左はにれの木橋からの光景、蛍光色の若葉が上へ上へと競っている。   都立狭山公園内の西洋シャクナゲ(写真上)も咲き出した。   ...

穀雨

昨日、三日は朝から冷たい雨が一日中降った、降ったのは関東地方と日本の一部だったらしい。都立狭山公園に行ってみた、宅部池は雨の中でしっとりとした姿を見せていた、鯉が池の真ん中に集まり「・・早く春よコイよ」と相談しているような感じだった。(写真下)  公園内のトチノキ林地域にはタチツボスミレが雨に濡れ伸び伸びと咲いていた。        (タチツボスミレの群生地)         (雨に濡れている・・)近く...

エイプリルフール・・?

このところ寒のもどりか肌寒い、草木もびっくりしないまでも戸惑っているかも・・。都立狭山公園に行ってみた、この冷えで桜は一休みと言った感じだが、散り始めている。今日は四月一日、エイプリルフールだが、さる1/18に公園の一角で、「ウソ」を見た。見たことは本当である、フィーフィーとかわいらしい泣き声をだしながらイノコヅチを食べていた。ずんぐりした体だが雪の間を飛び回り元気よく食べていた。         (...