タイトル画像

冬の生き物たち ・ その1

2014.01.21(09:43) 170

狭山丘陵・狭山公園は今、こよみ通り厳冬の最中である、そんな狭山公園に行ってみた。
樹木も生物も懸命に冬篭り中・・と言ったところだ。

  DSCN9806-1.jpg  DSCN9822-1.jpg

公園内の樹木説明板(写真上左)の裏側に ヨコヅナサシガメ (写真上右)
が固まって寒さを凌いでいた。偶然に見つけたもの。開けたところ僅かに動いた。
写真を撮りすぐ閉めた。冬眠を邪魔したことを謝りながら。

公園内には朽ちた樹木が多い、そんな樹木を棲みかにしている シロスジカミキリ がいた。

  DSCN9836-1.jpg

シロスジカミキリ 
(写真下)が、朽ちた樹に穴を開け卵を産みつけていた。
その穴の周りに「溝」を掘っていた、雨水などの水滴を溜め、卵の乾燥を
防いでいると言う、(写真上:穴の周りに溝がある)
親は子の生き残りを懸けけなげに行動している感じだ。
カミキリムシやセミなどは乾燥を嫌うようだ。

  しろすじカミキリ1


木立に大きな穴場があった、樹液が出る場所で、黄金虫やカブトムシ、スズメ蜂、蝶などが
樹液を吸いに来ると言う、カミキリムシなどが開けた穴を、スズメ蜂がさらに大きくするようだ。

  DSCN9857-1.jpg  すずめバチ1

  (写真上:左・樹液が出た場所、右・キイロスズメ蜂)

近くのヤブにバッタが串刺しにされていた(写真下)、この行動は「えさ」の保存と言う説と
縄張りを示す、と言う説もあると言う。
今の時期、動植物は種の保存を求め一生懸命に生きている。

                 (写真はクリックで拡大します)


スポンサーサイト




  狭山のサヤです、よろしくお願いいたします。

狭山丘陵周辺ぶらり


タイトル画像

今冬一番の寒さ

2014.01.16(22:42) 169

いま、日本列島に冬将軍が居座っている。
多摩地域(関東地方)も1/16朝方は冬日になったと言う、このところ連日寒い。
16日朝、狭山公園に行ってみた。
狭山丘陵内・狭山公園の宅部池(たっちゃん池)が全面的に凍っていた。(写真下)

  DSCN9800-1.jpg  DSCN9802-1.jpg

ここ数年、たっちゃん池の全面が凍ったことは、私の記憶ではなかったが
今年は凍った、やはり今年は例年になく厳しい寒波のようだ。
草木も動物も耐え凌いでいる。   
                 (写真はクリックで拡大します)


  狭山のサヤです、よろしくお願いいたします。

狭山丘陵周辺ぶらり


タイトル画像

地震対策

2014.01.13(07:00) 168

先日、都庁で「震災復興シンポジウム」が開かれた。
テーマ : 地域と協働した事前復興への取り組み~切迫する巨大地震への備え~事前に予測し、考えられる範囲で事前に備えよう・・と言うものだが、そんなこと
「当然にやるべきだよ・・・」と思うかもしれないが、それがなかなか難しい。

  DSCN9776-1.jpg

そんな中で特に注目されたのが、防災隣組 の組織作りである。
すでにモデル地区がいくつもあり、相互に交流もしているとのこと。

  DSCN9777-1.jpg

ひるがえって、自分の住む地域を見回して見ると、高齢者の一人暮らし家庭、
身体的に不自由がある家庭、高齢者のみの家庭等が増えてきている。
早急に 防災隣組 の組織つくりを行い、実務行動を行い、来るべき地震に
備えたいと仲間と思案中である。
まずは回覧板の範囲の、十数軒を目標に。



  狭山のサヤです、よろしくお願いいたします。

狭山丘陵周辺ぶらり


タイトル画像

寒の入り

2014.01.06(18:09) 167

このところ関東地方も冷え込んできた、1月5日は 寒の入り(小寒)とのこと。
その1月6日、狭山丘陵多摩湖・周囲道路をあるいてみた。風がなかった分、体感的には
それほど寒さを感じない。

  DSCN9740.jpg  DSCN9744-1.jpg

冷え込んだ日の夜明けの朝は一段と鮮やかだ、日の出前の青空は本当に神秘的だ。
太陽の赤色から一瞬紫に代わり、抜けるような青空に変わっていく。
(写真左:中堰堤から下堰堤を見る)

狭山公園内・宅部池(たっちゃん池)も凍っていた、このところ何年か凍らなかったが、
やはり今年は寒いようだ。(写真右)。

奥多摩の山々も雪を被り冬景色そのものとなっている。(写真下:下堰堤から)

  パノラマ 1-1
              (クリックで拡大します)



  狭山のサヤです、よろしくお願いいたします。

狭山丘陵周辺ぶらり


タイトル画像

2014年・新年

2014.01.01(08:59) 166

明けましておめでとうございます。

日の出前に、狭山丘陵多摩湖下堰堤に、今年も行ってみました。
既に多くの人が来ていましたが、昨年から今年にかけての経済の動きを反映したのか、
今年は「例年になく多い」と感じました。
日の出もきれいで、先行きの明るさみたいな予感がしましたが、油断は禁物
あわてず、準備をしっかりすることが大切でしょうか。

  DSCN9691-1.jpg  DSCN9695-1.jpg
                (クリックで拡大します)


  狭山のサヤです、よろしくお願いいたします。

狭山丘陵周辺ぶらり


2014年01月
  1. 冬の生き物たち ・ その1(01/21)
  2. 今冬一番の寒さ(01/16)
  3. 地震対策(01/13)
  4. 寒の入り(01/06)
  5. 2014年・新年(01/01)