タイトル画像

深まり行く秋・・

2014.10.29(07:00) 214

    狭山丘陵・都立狭山公園内に、たっちゃん池(宅部池)がある。
      このたっちゃん池の西側に、 湧水の池 がある、夏季には、この池には
      ゲンゴロウ、ヤゴ、ドジョウ などが生息している、一昨年この付近が火災に
      なったが、少しばかり復活した。
      この付近に、 ツリフネソウ の群生地がある。 (写真下:8月中旬)

      DSCN8806-1.jpg

      DSCN8803.jpg

      今は花は落ち、顎の実が残り白い花のように見える。

      DSCN1627.jpg


      この近くに ヤブミョウガ の群生地がある、
      2ヶ月前は白い花がきれいに咲いていたが、今は花落ち、青黒い 「実」
      が着いている、ときどき華道家などがきて、取って行く。
      ちょっとした宝石のようだ。  (写真下)

      DSCN8799-1.jpg

      近くのヤブの中に ワレモコウ が顔を出していた。(写真下)

      DSCN1532.jpg

      気候は、世間の喧騒に関係なく確実に進んでいる。



      

      

      
スポンサーサイト




  狭山のサヤです、よろしくお願いいたします。

狭山丘陵周辺ぶらり


タイトル画像

白銀色に輝く ススキ

2014.10.24(07:00) 213

   台風が過ぎ、降り続いていた秋雨もやっと止んだ。
    つぎの日狭山丘陵内・都立狭山公園 の、たっちゃん池付近を歩いた。
    秋の日を受け ススキ が輝いていた。

    DSCN1574.jpg
 
    DSCN8812-1.jpg

    ススキ は日(光)のさし方より、見る方向により、輝き方が変わってくる。

    この付近は 東大和の千石原 のようだ。
    赤紫色の花(尾花)が咲き、更に気候が進むと、花の後に白い毛の生えた
    種子がつく、そうなると寒さも一段と進み、冬将軍の到来となる。

    DSCN1576.jpg


    DSCN9368-1.jpg

    

  狭山のサヤです、よろしくお願いいたします。

狭山丘陵周辺ぶらり


タイトル画像

懸命の行動・訓練

2014.10.17(07:00) 212

    戦後最大と言われる御嶽山噴火災害、56人もの亡くなった方がいる。
      まだ数人の人が発見されずにいると言う。
      諸々考えると、まったく筆舌に尽くしがたい、なんとも悲しい災害だ。
      台風は過ぎたが、救助隊は一段と厳しい状況の中で懸命の活動を
      強いられていると言う。
      
      DSCN1456.jpg

      先日、救助隊で活動している消防隊(水難救助)の訓練が多摩湖で
      行われていた、山岳救助ではなかったが、水難もいつ何時あるか分からない。

       DSCN1462.jpg

       隊員達は都民の生命と財産を守るために真剣に取り組んでいた。
       このところの気象状況では、日本でも世界でも予想がつかない
       災害が発生している、地震、噴火、水害、大規模停電、電車事故
       うっかり出来ない時代になった、早急に備えが必要だ。

       DSCN1461.jpg

               (クリックで写真は拡大します)


  狭山のサヤです、よろしくお願いいたします。

狭山丘陵周辺ぶらり


2014年10月
  1. 深まり行く秋・・(10/29)
  2. 白銀色に輝く ススキ(10/24)
  3. 懸命の行動・訓練(10/17)