タイトル画像

まだまだ寒波が・・・

2015.03.25(07:00) 243

   またまた寒波が来襲した3月24日、狭山丘陵・東大和市立緑地に
    行ってみた。
    AM9:00ころだったが、気温は4~5度、草木は静まり返っていた。
    カタクリ も寒くて下を向いたまま・・・・
    気温が上がれば横を向くかも・・・・。   (写真下)

    DSCN2974.jpg

    DSCN2979.jpg

    群生していたが、勢いがなく全体的に寂しい感じ、もう一週間模すれば
    見ころになるようだ。

    カタクリの近くに ウグイスカグラ が咲いていた。
    ウグイスカグラ も寒さに震えていたが、それでも太陽に向かって顔を
    上げて、日を一杯に受けているような感じがした。  (写真下)

    DSCN2987.jpg

    DSCN2995.jpg

     間もなく植物達の季節がやって来る。

          (写真はクリックで拡大します)
 

  狭山のサヤです、よろしくお願いいたします。

狭山丘陵周辺ぶらり


タイトル画像

春を探して・・・

2015.03.21(07:00) 242

   このところ、寒暖が繰り返され一進一退のようだ。
  油断すると風邪をひく、 自然界は着々と進んでいるようだ。
  狭山丘陵・都立狭山公園に行ってみた。
  公園内築山の斜面に ヒメオドリコソウ (写真下) が咲いていた。

   DSCN2958.jpg

   女性が踊っているような容か・・。
   狭山公園の桜は、一番早く咲くのは  カワズ桜 と おかめ桜
   
   DSCN2937.jpg

     (写真上: カワズ桜)

     次に咲くのが、 カンヒ桜 (写真下)釣鐘状の花びらは、
      何んともいえない。
     穏やかな感じがする、 紅色の花びらから香りがする感じだ。

     DSCN2953.jpg

     園内の桜は、3月下旬が満開か・・。
     少し離れた山に  アセビ (馬酔木) が咲いていた(写真下)。

     DSCN2946.jpg

     アセビ は毒を含むと言う、従って虫が着かない。きれいな花だ。
     近くの小川の土手に スギナ (つくし) がひっそりと咲いていた(写真下)

     DSCN2962.jpg
    
     「つくしんぼう」 が成長すると、やがて緑のスギナになる。
     園内のあちこちに 春の息吹が一杯だ、やがて植物は一斉に活動を
     始め、一面が緑に染まる。
              (写真はクリックで拡大します)

  狭山のサヤです、よろしくお願いいたします。

狭山丘陵周辺ぶらり


タイトル画像

我が家の震災対策その1

2015.03.13(20:44) 241

   大地震発生時、木造建物密集地域(木蜜地域)での電気火災を防ぐ装置、
   「感震ブレーカー」 の設置が促されている。
    阪神淡路でも、東日本地震でも電気が原因の火災が多発したと言う。

    大規模地震対策を協議する有識者会議は、新築時、同ブレーカーを設置
    するよう促すと言う、だが我が家は既設、付けなくていいのか・・?
    やっぱり付けるべきだ・・、探しにホームーセンターに行ってみた。
    いいものがあった、東大和駅前の 「ヤサカ」 ホームセンター
  
  (写真下: 取り付けた状態)

      DSCN2838.jpg


    感震ブレーカーの種類
     分電盤タイプ      分電盤内のセンサー       業者工事
     簡易タイプ        重りの落下で切る        自分で工事
     コンセントタイプ     コンセント内にセンサー     コンセントをつける

     簡易タイプ(買ってきたもの) について
     値段  1280円  工事は僅か5分  テストしてOK 震度5対応  
     これで一応、電気火災は安心だ。(写真下:落下したところ)

     DSCN2843.jpg


     国連防災会議が仙台市で開かれた、地球上何処でも何時でも
     災害は発生している、 地球が活動している証拠か・・。
     私は、東日本の教訓をしっかり学び、対策を採ろうと思っている。
     
    
    
    


     

  狭山のサヤです、よろしくお願いいたします。

狭山丘陵周辺ぶらり


タイトル画像

琳派

2015.03.01(23:22) 240

     先日、MOA美術館に行ってみた。
    「尾形光琳 300年忌」 「宗達・光悦 400年忌」 の記念展をやっていた。
    琳派 って何?  どういう人達のこと・・などを知るためである。

    美術館の入り口には、手入れされた梅が咲いていた。 (写真下)

    DSCN2685.jpg

    DSCN2682.jpg
 
    記念展では国宝 「燕子花(かきつばた)図屏風と紅白梅図屏風」
    が展示されていた。
    実物を目の当たりにしてみると、心無しか迫るような感慨にひたる。
    「燕子花図屏風」 (江戸時代) が 根津美術館から持ち込まれていた。
    (写真下)

    DSCN2753-1.jpg
 
    DSCN2752-1.jpg

    宗達・光悦の作風を再発見した尾形光琳などが受け継ぐ、血縁関係のない
    彼らですが、一つの 「派」 としてみられ、明治以降、いつからとなく 「琳派」
    と呼ばれるようになったと言う。
    根津美術館にも行ってみよう思っている。

    琳派発祥の地、京都では琳派400年記念として広報している。
    機会があったら行ってみようと思っている。
      (写真はクリックで拡大します)

  狭山のサヤです、よろしくお願いいたします。

狭山丘陵周辺ぶらり


2015年03月
  1. まだまだ寒波が・・・(03/25)
  2. 春を探して・・・(03/21)
  3. 我が家の震災対策その1(03/13)
  4. 琳派(03/01)