タイトル画像

家の前で自転車事故・・・

2018.06.11(18:16) 330

    先日、我が家の前で自転車事故が
    発生した。
    玄関先で  「ガチャンー・・」 と大きな音。  


    自転車じこ-2

    自転車事故

    すぐに出てみた、 男性が門の前で仰向け状態。
    痛がっている、血液が飛んでいる。


    矢印の方向に走り、転び込んだようだ
    側溝とアスファルトの接続部分に段差がある。

    道路段差

    赤い部分(段差)は 15mm もあった

    この段差にタイヤが挟まったようだ。
    この段差が市内の道路の至る所にある。
    自転車用として、白線で表示されているが、
    安心して走れない所が結構多い。


    DSCN1297_4812-1.jpg

    すぐ オキシドールで消毒、タオルで応急処置、119番通報した

    DSCN1296_4811-1.jpg

    バイクも結構なものだ。
    救急車も来た、近くの交番の警察官も来た

    DSCN1300_4815-1.jpg

    状況を聞かれる、その後交通捜査の警察官が・・・
    小一時間状況の説明、やっと救急車が病院へ。
    
    後々の関係から調べは、詳細を極めた。
    事故を起こすと、後始末が大変だ。

    事故発生 12時40分ころ
    病院へ行った事故者(男・50代)は、19時20分
    自転車を取りに来た、年に何回か同様の
    事故がある、市・土木課は次の日、応急の
    穴埋めを行った (ちょっと不十分だが・・)。


    

    
    
スポンサーサイト




  狭山のサヤです、よろしくお願いいたします。

狭山丘陵周辺ぶらり


2018年06月
  1. 家の前で自転車事故・・・(06/11)