タイトル画像

冬の生き物たち ・ その1

2014.01.21(09:43) 170

狭山丘陵・狭山公園は今、こよみ通り厳冬の最中である、そんな狭山公園に行ってみた。
樹木も生物も懸命に冬篭り中・・と言ったところだ。

  DSCN9806-1.jpg  DSCN9822-1.jpg

公園内の樹木説明板(写真上左)の裏側に ヨコヅナサシガメ (写真上右)
が固まって寒さを凌いでいた。偶然に見つけたもの。開けたところ僅かに動いた。
写真を撮りすぐ閉めた。冬眠を邪魔したことを謝りながら。

公園内には朽ちた樹木が多い、そんな樹木を棲みかにしている シロスジカミキリ がいた。

  DSCN9836-1.jpg

シロスジカミキリ 
(写真下)が、朽ちた樹に穴を開け卵を産みつけていた。
その穴の周りに「溝」を掘っていた、雨水などの水滴を溜め、卵の乾燥を
防いでいると言う、(写真上:穴の周りに溝がある)
親は子の生き残りを懸けけなげに行動している感じだ。
カミキリムシやセミなどは乾燥を嫌うようだ。

  しろすじカミキリ1


木立に大きな穴場があった、樹液が出る場所で、黄金虫やカブトムシ、スズメ蜂、蝶などが
樹液を吸いに来ると言う、カミキリムシなどが開けた穴を、スズメ蜂がさらに大きくするようだ。

  DSCN9857-1.jpg  すずめバチ1

  (写真上:左・樹液が出た場所、右・キイロスズメ蜂)

近くのヤブにバッタが串刺しにされていた(写真下)、この行動は「えさ」の保存と言う説と
縄張りを示す、と言う説もあると言う。
今の時期、動植物は種の保存を求め一生懸命に生きている。

                 (写真はクリックで拡大します)



  狭山のサヤです、よろしくお願いいたします。

狭山丘陵周辺ぶらり


<<里山の冬 ・ ウスタビガ | ホームへ | 今冬一番の寒さ>>
コメント
ありがとうございます、毎日が四苦八苦です、使用するソフトが多機能すぎて・・、少しずつやっていきます。
【2014/01/24 16:26】 | さやまのサヤちゃん #- | [edit]
画像の処理がまた、ステップアップですね。凄い!Junpei
【2014/01/24 10:04】 | Junpei #mQop/nM. | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://sayama818.blog.fc2.com/tb.php/170-7bf40196
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)