タイトル画像

里山の冬 ・ ウスタビガ

2014.02.01(07:00) 171

このところ日本列島は、寒くなったり暖かくなったりの繰り返し、春になる兆しか・・。
寒かった先日、野山北・六道山公園に行ってみた、北風が時々ピューピュー吹いていた。

  DSCN9905-1.jpg  DSCN9875-1.jpg

里山民家の いろり には鉄瓶がかかっていて、奥の柳には まゆだま が飾ってあった。
一昔前の、日本のどこにもあった田舎の風景であった。 (写真上)

雑木林の樹の幹に ルリタテハ が、擬態の状態で越冬していた。(写真下:中央に・・)

  DSCN9887-1.jpg

よく見ないと分からない・・、こんな昆虫の自衛手段にびっくりだった。
さらに奥に行くと、オギ や チガヤ の生えている場所に出た、カヤネズミ が巣を
造っていた。

  DSCN9900-1.jpg  DSCN9904-1.jpg

           (写真左:オギの群生地 右:カヤネズミの使い終わった巣)

近年この付近では、カヤミズミは減少していると言う、以前のような里山が減り、
オギやチガヤが減ったため・・と言う、またオギやチガヤはいい環境でないと生息
できないようだ。 (管理センター員)

雑木林の桜の小枝に ウスタビガ のマユ(繭)がぶら下がっていた、鮮やかな薄緑で
殺風景な雑木林の中でひときわ輝いていた。 (写真下左)

  DSCN9914-1.jpg  DSCN9915-1.jpg

ウスタビガは 「薄手火蛾」 とも書くようだ、センター職員が抜け殻のマユを見せてくれた。
マユの下部に穴が開いている、水抜きとのこと、「手火」とは提灯のこと、提灯のように
取っ手がついていて、これで樹木にぶら下がっていると言う。

(写真右は成虫:センター職員提供. 薄緑のマユはオス、黄色のマユはメスとのこと)

冬の里山では、一見何も動きがないように見えたが、奥深いところでは
来るべき「春」に備え生き物たちは、脈々と子孫継承に向かって動いていた。

                 (写真はクリックで拡大します)






  狭山のサヤです、よろしくお願いいたします。

狭山丘陵周辺ぶらり


<<♪・梅は咲いたか 桜はまだ・・・ | ホームへ | 冬の生き物たち ・ その1>>
コメント
こんにちは。
いつもとても楽しませていただいています。

クイナですが、しばらく通ってみるつもりです。
お散歩のかたが教えてくださって、良く見かけるそうですよ。
ここは本当に良い所ですね~
【2014/02/04 15:59】 | はづき #- | [edit]
ありがとうございます、ルリタテハですが、四苦八苦で・・・、何時も自然の摂理に教えてもらっいぇいます。
【2014/02/03 11:17】 | さやまのサヤちゃん #- | [edit]
ルリタテハ、よく見つけたし、知ってましたね。
【2014/02/02 19:31】 | Junpei #mQop/nM. | [edit]
ありがとうございます、一日前、狭山公園に行ってみたのですが、桜はまだ「つぼみ」でした、もう少しでしょうか。 野山北はいいところだと思っています。
【2014/02/02 16:04】 | さやまのサヤちゃん #- | [edit]
 狭山丘陵南麓では、野山北公園が動植物の宝庫のようです。カヤネズミの巣は初めて見ました。東大和市域内でも見つけたいものです。
 野火止用水
【2014/02/02 11:53】 | 野火止用水 #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://sayama818.blog.fc2.com/tb.php/171-c662a202
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)