タイトル画像

冬の生き物たち ・ その2

2014.02.15(07:00) 173

このところ日本列島は、例年にない大雪で困惑している、特に関東地方はホトホト弱り
きっている。
そんな中(2/11)、狭山丘陵・東大和市立狭山緑地に行ってみた。

  DSCN0017-1.jpg  


冷え込んだ日であったが、当然のことながら自然界は脈々と生命を育んでいた。
雪原の中に ガマズミ の実が黒味ががった赤色で生っていた(写真下左)。
ヒヨドリなど野鳥が貴重な冬の餌として食べているようだ。
食べてみると甘酸っぱい味がした、野鳥にとっては大変なごちそうかも・・。

  DSCN9976-1.jpg  DSCN9972-1.jpg

少し離れた斜面に アブラススキ が顔を出していた(写真上右)アブラススキの先端の
小穂をとってみた、小穂の先には毛(芒)があり、舐めたところ、くるり と廻った。
種の生存に関係あるのか・・・?

また、近くの池に アカガエル が産卵していた。(写真下:中央上付近に卵がある)
雪が降り、氷が張っていたが、そんな環境でも産卵していた、親カエルは何処かに
潜んでいるのだろうか。
近くに紅梅が咲いていた、一服の暖気のように感じられた。(写真下右)

  DSCN9968-1.jpg  DSCN0004-1.jpg


                  (写真はクリックで拡大します)     




  狭山のサヤです、よろしくお願いいたします。

狭山丘陵周辺ぶらり


<<冬の生き物たち ・ その3 | ホームへ | ♪・梅は咲いたか 桜はまだ・・・>>
コメント
ありがとうございます、実はこの卵は郷土館の池、卵を手ですくっている写真があるのですが、ピンボケですので省略しました、毎年ここに来ているようです、親カエルは池の何処かにいるようです。
【2014/02/16 09:29】 | さやまのサヤちゃん #- | [edit]
遠い昔に図鑑で仕入れた知識では、アカガエルは土の中で冬眠
して、2月頃に一度起きて産卵し、また初夏まで土の中で眠るのだ
そうです。
卵はこの雪にも耐えて、大変ですね。
【2014/02/15 22:11】 | イッセー #/qX1gsKM | [edit]
ありがとうございます、概ねこの時期に、同じ場所で産卵するようです、親は多分水の中にジットしていて温度の上がるのを待っているようです。
【2014/02/15 14:43】 | さやまのサヤちゃん #- | [edit]
 この時期に産卵するとは!!
 氷が張っているとき、親は水の中に居るのでしょうか?
 自然のバランスと仕組みを知りたいです。
 野火止用水 
【2014/02/15 10:48】 | 野火止用水 #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://sayama818.blog.fc2.com/tb.php/173-66440fac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)