タイトル画像

日和のいい時に・・歩く

2014.11.12(06:00) 219

      天気のよかった先日、狭山丘陵内、緑地を歩いた。
       林間の間に日光が差し込み、緑地全体が明るかった。

       DSCN1866.jpg

          (写真はすべて、クッリクで拡大します)

       林間の中を進むと ヤマユリ が花を落とし、実が残っていた。
       実は上を向いていたが、7月の花期の時、花は 「下」 を向いて
       いた。
       この実が、茶色に変わり、中の黒い種が飛び出し、子孫を残す。

        DSCN1797.jpg

        DSCN1157.jpg

        花は、雨など水分を嫌って、下を向いている。
        植物は長い生命維持の歴史の中で、合理的な維持の方法を、会得
        したのだろう。
        更に進むと  リンドウ、 百両  が咲いていた。(写真下二枚)

        DSCN1800.jpg

        DSCN1804.jpg

        百両は、満両、千両、十両、一両、と葉などが少し違う。

        更に進むと、倒木に ヒイロタケ  と  カワラタケ (灰色)が
        一本の倒木の場所を廻って、勢力争いをしていた、専門家によると
        一緒になることはないと言う、キノコの世界も大変だ。 (写真下)

        DSCN1811.jpg

        この時期、林の中は、一見何もないように感じるが、植物の世界では、
        春をめざし、着々と準備をしていて、思いのほか、賑やかだ。
        茶色の殺風景に見える世界に、赤色の植物を見つけるのも楽しい。
      

  狭山のサヤです、よろしくお願いいたします。

狭山丘陵周辺ぶらり


<<都民の水がめ・小河内ダムへ・・・ | ホームへ | 千人同心・・1>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://sayama818.blog.fc2.com/tb.php/219-60ab35ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)