FC2ブログ

我が家の震災対策その1

   大地震発生時、木造建物密集地域(木蜜地域)での電気火災を防ぐ装置、
   「感震ブレーカー」 の設置が促されている。
    阪神淡路でも、東日本地震でも電気が原因の火災が多発したと言う。

    大規模地震対策を協議する有識者会議は、新築時、同ブレーカーを設置
    するよう促すと言う、だが我が家は既設、付けなくていいのか・・?
    やっぱり付けるべきだ・・、探しにホームーセンターに行ってみた。
    いいものがあった、東大和駅前の 「ヤサカ」 ホームセンター
  
  (写真下: 取り付けた状態)

      DSCN2838.jpg


    感震ブレーカーの種類
     分電盤タイプ      分電盤内のセンサー       業者工事
     簡易タイプ        重りの落下で切る        自分で工事
     コンセントタイプ     コンセント内にセンサー     コンセントをつける

     簡易タイプ(買ってきたもの) について
     値段  1280円  工事は僅か5分  テストしてOK 震度5対応  
     これで一応、電気火災は安心だ。(写真下:落下したところ)

     DSCN2843.jpg


     国連防災会議が仙台市で開かれた、地球上何処でも何時でも
     災害は発生している、 地球が活動している証拠か・・。
     私は、東日本の教訓をしっかり学び、対策を採ろうと思っている。
     
    
    
    


     
関連記事

1Comments

野火止用水  

我が家でも検討します

 これはいいですね。たいてい家の片隅にあり、しかも手が届かない状況ですから、どうしようかと考えていました。早速、現物を見て、我が家に適合するか検討します。

  • 2015/03/15 (Sun) 18:22
  • REPLY