タイトル画像

雪道

2013.01.19(07:00) 90

 七年ぶりに、関東地方に大雪が降ってから四日が過ぎた十八日、多摩湖周囲道・自転車道を
 歩いてみた、多摩湖中堰堤に至り多摩湖と空の景色は空気が澄んでいて、きれいに輝いていた。

  DSCN6717.jpg

 四日の間、気温は低かったが晴れた日が続いていたので雪は解けていると思ったが、湖の北側や
 日陰にはまだ雪が残っていた、しかも全面凍っている場所が五~六百メートルもあった。

  DSCN6720.jpg  DSCN6721.jpg

 歩いている人が数人いたが、冷たい風が吹いていて、まだ何日か解けないのでは・・
 と思われた。
 それにしても湖になる前の、丘陵の北斜面に住んでいた人々は深い雪に埋もれ、解けるのを
 静かにじーと待っていたのかもしれない・・と当時を想像しながら歩いた。
 また、古墳時代の遺跡が丘陵の南斜面から多く出たと言う、当時の人々の、「日当たり」の
 大切さをしみじみ感じた。


  狭山のサヤです、よろしくお願いいたします。

狭山丘陵周辺ぶらり


<<ウバタマムシ(姥玉虫) | ホームへ | 好きになれるかなー・・?>>
コメント
昨日は文字どおり抜けるような空の青さでした。朝、上北台から乗ったモノレールから見た富士山もとてもきれいでした。(デジカメを忘れた) 多摩湖橋辺りからもよく見えたのでは。
【2013/01/19 09:02】 | 純平 #mQop/nM. | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://sayama818.blog.fc2.com/tb.php/90-9166520c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)