FC2ブログ

ウバタマムシ(姥玉虫)

 二十日の都立狭山公園は、晴れ渡っていたが、北風が吹き文字通り「大寒」であった。
 そんな園内の老木にウバタマムシがいた、樹の皮を屋根代わりにし、西日に当たりじっと
 していた。

  DSCN6754.jpg

 ウバタマムシは家具や樹木を痛める害虫だと言う、しかし絶滅が危惧されていて、この辺で
 見られるのは大変に珍しいそうだ、見られて幸運だった。
関連記事

2Comments

さやまのサヤちゃん  

Re: 名前ばかりか誤解されている

 ありがとうございます、ふらふら歩いていて見つけましたが・・、運かもしれません。 

  • 2013/01/23 (Wed) 09:03
  • REPLY

野火止用水  

名前ばかりか誤解されている

 ちょっとぐらい地味だからと云って、姥とはひどいものですね。それに、松食い虫の同類みたいに誤解されて!!生きた木にはたからないと聞きましたが。私も見付けに行くのですが、なかなか見つかりません。そうかと思うと、隣の坊やが捕まえてきたりして、見付けるには運があるみたいです。生きた現場に接する事が出来てお目出度う御座います。 野火止用水
 

  • 2013/01/23 (Wed) 07:22
  • REPLY