FC2ブログ

意識の高さ

先日市内のホールで、行われた『市民自治を考える集い』に行ってみた。
夜7時開会、700名余りの座席だったが、9割近く入っていて関心の高さにびっくりした。

  DSCN6914.jpg  DSCN6923.jpg

講師は、福嶋浩彦氏(中央学院大教授、我孫子市長3期・消費者庁長官2年勤める)で、
実務を経験しているだけに大変に分かりやすかった、今の時代(不透明・混迷)こそ
市民力が問われていると言う、考え → 提起し → 合意(行政も含め)に持っていく
プロセス。 「まちづくり」を個人がしっかり考える、提案し、違った意見の人と
よく話し合う(ここが難しい、前に進めると言う議論の訓練が出来ていないので・・)
会場では質問も多く出た、「まちづくり」に関し日頃話し合うこともないが、この集い
出てみて、当市民の意識の高さを改めて感じた、市民ネットが更に公開されれば
大きな反響を呼ぶこと間違いなしである。
 
関連記事

1Comments

純平  

9割近い参加者!

興味深いテーマ「市民自治を考える集い」とはいえ、700名の座席に9割近い参加者。関心の高さに本当にびっくりです。凄いことですね。