タイトル画像

ヒトリシズカ(一人静か)が・・

2014.04.20(07:00) 191

 先日、狭山丘陵・野山北・六道山公園 に行ってきました。
新緑の里山は木々が芽吹き、誠にきれいでした、田んぼではボランティアの
人達が田植え前の「荒おこし」と言う作業をやっていました(写真下2)

      DSCN0341-1.jpg

      DSCN0343-1.jpg

田んぼの作業以外にもボランティアの人が来ていて、140名は居る・・
とのことでした。
一昔前には、日本中何処でも見られた里山の風景であった・・とのこと。
赤ちゃんを背負った若いお母さんも、マンノウ を打ち下ろしていました。

田の横、里山の明るい林床に白いボヤーとしたものが見えました、近寄ると
 ヒトリシズカ でした。(写真下)

      DSCN0354-1.jpg

まだ早いと見えて、葉は伸びず花の開きも、もう一つ・・と言った感じでした。
もう少しすれば本当にきれいに咲くと思います。

更に少し離れたヤブのそばに アオキ が赤い実をつけていました。(写真下)

      DSCN0398-1.jpg

田んぼのそばの草地に ヒメオドリコソウ が風に揺れていた。(写真下)
よく見ると花には長い毛が密生していた、葉はざらざらしていて、
チリメンのようでした。

      DSCN0377-1.jpg

「ヒメ・・」は小さい・・意味、全体が大きいオドリコソウがあるようだ。


             (写真はクリックで拡大します)






  狭山のサヤです、よろしくお願いいたします。

狭山丘陵周辺ぶらり


タイトル画像

多摩湖の空も春・・

2014.04.18(07:00) 190

狭山丘陵・多摩湖、4月早々 多摩湖中提 に行ってみた。
早朝の5時過ぎであったが、東の空はなんとも言えないきれいな深いブルーに
なっていた。

      DSCN0169-1.jpg

写真上は中提から下堰堤方向を見たもの、写真右上に明けの明星・金星が
写っているが、縮小時飛んでしまった。 (拡大で見えます)
時間が進み、太陽が出てきた、以前、歌謡曲にもあったが、真っ赤な太陽 だ。

      DSCN0176-1.jpg

湖も赤くなる、やがて日が昇り空全体は白っぽくなる、赤いのは一瞬である。
この時期、何人かの写真マニアがここにくる、写真の中に「鵜」が入ることも
ある。

      DSCN0178-1.jpg

一年を通してこの景色を見ているが、年に数回、本当に「きれいだなー・・」と
感じるときがある。今がその一つのようだ、また雲がなんとも言えない

      DSCN0183-1.jpg

              (写真はクリックで拡大します)




  狭山のサヤです、よろしくお願いいたします。

狭山丘陵周辺ぶらり


タイトル画像

イチリン・・ニリン・・

2014.04.14(07:00) 189

  先日、狭山丘陵・東大和市狭山緑地に行ってみた。
緑地の西側に イチリンソウ ニリンソウ が咲いている。

      DSCN0263-1.jpg

      DSCN0265-1.jpg

          (写真上:イチリンソウの群生地とイチリンソウ)

イチリンソウが咲いている場所から少し離れたところに ニリンソウが咲いていた。
(写真下)
茎の途中から枝分かれして花が咲く、サンリンソウ もあると言う、見たいものだ。

      DSCN0274-1.jpg

少し離れたところに ゼンマイ が出ていた。 (写真下)

      DSCN0402-1.jpg

この時期は、山野草が盛んに謳歌しているような感じだ、より豊かな里山にしたいものだ。

               (写真はクリックで拡大します)



  狭山のサヤです、よろしくお願いいたします。

狭山丘陵周辺ぶらり


タイトル画像

キランソウと・・

2014.04.12(07:00) 188

  先日、狭山丘陵・東大和緑地を歩いた、センボンヤリ を探す
ためである。
方々歩いたがどうしても見つからない、「・・時期なのだがなー・・」と思い
ながら、フッと足元を見ると、紫色の小さな花が目に入った、コスミレ 
かなと思いシャッターを切った、PCで見て キランソウ とわかった。 
(写真下)

      DSCN0301-1.jpg

キランソウ も探していた野草だったので、偶然ではあったが、
見つかったことの不思議さみたいなものを感じた。
キランソウ は色々な薬にもなると言う、そんな関係で取られてしまうのか、
何処にでも咲いていると聞いたが、少ないようだ。

近くの土手に「・・おや・・」と思うような野草があった。(写真下)
よく見ると ムスカリ だった。 
外来種で園芸直物とのこと、何かの時に種が飛んで来たか。
生命の逞しさを感じた。

      DSCN0303-1.jpg

              (写真はクリックで拡大します)

  狭山のサヤです、よろしくお願いいたします。

狭山丘陵周辺ぶらり


タイトル画像

ショカッサイと・・・

2014.04.08(07:00) 187

 暖かくなったり、急に冬に逆戻りと言った気候の繰り返しだが
都立狭山公園内では背の低い野草が、今を盛りと咲いている。

        DSCN0220-1.jpg

        DSCN0215-1.jpg

写真上二つは タチツボスミレ で、至るところで咲いている、何処にでもあるスミレだが、
よく見ると、枝分かれ部分に小さなギザギザの葉(托葉)がある。ここからまた葉が伸び
広がっていく。

少し離れた斜面に カキドオシ が咲いていた。(写真下)

        DSCN0228-1.jpg

花が終わると茎がつるのように伸びていく、垣根を越して行くところからの名前のようだ。

公園内鉄道路線の斜面に ショカッサイ 別名ハナダイコン が群をなして咲いている。
(写真下)

        DSCN0198-1.jpg

        DSCN0200-1.jpg


日本中何処にでもあるようだが、名前の通り根茎が大根の味がすると言う、諸葛孔明が
戦の中で用いたとの伝説があるようだ、(漢字名・諸葛菜) シキンソウなんて言う
きれいな呼び名も或る。

背の低い植物(花)は、高い木々の葉が出る前に必要な活動を行い、勢力拡大を図る
と言う、自然の不思議さ・摂理をしみじみ感じながら歩いている。




  狭山のサヤです、よろしくお願いいたします。

狭山丘陵周辺ぶらり


未分類
  1. ヒトリシズカ(一人静か)が・・(04/20)
  2. 多摩湖の空も春・・(04/18)
  3. イチリン・・ニリン・・(04/14)
  4. キランソウと・・(04/12)
  5. ショカッサイと・・・(04/08)
前のページ 次のページ
前のページ 次のページ